FX勝率が上がる複数口座の薦め
オシレーター系分析とは?
買われ過ぎ・売られ過ぎを分析し相場の動向を予想

オシレーター系分析とは、買われ過ぎ・売られ過ぎの状態を測定し今後の相場の動向を予想する分析方法です。このオシレーター分析には様々な指標が使われ代表的なものはストキャスティクスMACDRSIなどがあります。また、これら指標は別名逆張り系指標とも呼ばれ相場の買われ過ぎ・売られ過ぎに着目しそこから相場が反転する所を狙い取引します。つまり、上がっている時に売り、下がっている時に買う事になりますが、上手くトレンドに乗る事が出来れば短時間で利益を上げる事が可能な分析方法です。

オシレーター系指標の見方

オシレーター系指標は、一定期間の中でレートがどれ位上下しているのかを0%~100%までの中で計るものです。一般的に、上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」とされ、そして下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断されます。そして、それぞれのゾーンに入った後に相場が反転した場合、「買われ過ぎ」の場面では売りのサイン、「売られ過ぎ」の場面では買いのサインと言われています。

オシレーター系指標の見方

尚、上記で説明した指標の見方は一般的なオシレーター指標の見方となっていますので、指標によっては違う見方をする場合もあります。様々な場面に対応できるよう主要指標を理解しておきましょう。

オシレーター分析の主要指標

オシレーター分析をする上で重要となる指標は以下4つとなります。

RSI

RSI

RSIは過去の値動き幅に対する上昇幅の割合をグラフ化したもので、買われ過ぎ、売られ過ぎを判別する為の指標です。尚、この指標はオシレーター系の指標では一般的に使われる指標となっています。



ストキャスティクス

ストキャスティクス

ストキャスティクスはRSI同様、相場の買われすぎや売られすぎの状態を判断する指標です。数値は0~100%の範囲内で動き、為替相場が上昇するほど数字が高くなり、下落するほど数値が低くなります。



MACD

MACD

MACDは2本の移動平均線の価格差の幅の動きによってトレンドの方向性や転換の兆候を予測します。ここではオシレーター系指標となっていますが、トレンド系指標に分類される場合もあります。



以上がオシレーター系分析に使用される主要指標となりますが、各指標についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。