FX勝率が上がる複数口座の薦め
MACDとは?
MACD

MACDとは2本の移動平均線の動きから、今度の相場の動向を予想する指標です。ここではオシレーター系指標に分類されていますがトレンドの方向性を知る事も出来る為、トレンド系指標に分類される場合もあります。また、この指標はダマシが少なく使いやすいので非常に根強い人気を持つ指標です。

MACDの見方と売買タイミング

MACDは、基本的にシグナルとMACDの動きから売買のサインと今後の相場のトレンドを予想します。

MACDの見方と売買タイミング

MACDとシグナルは以下の計算式で求められます。

MACD=短期EMA-長期EMA
シグナル=MACDの移動平均線

しかし、実際に利用する場合には難しい計算式を覚える必要が無く、売買のサインはMACDが0ラインより下にある時にシグナルを上に突き抜けたら買い、MACDが0ラインより上にある時にシグナルを下に突き抜けたら売りと判断します。

MACDのダイバージェンス
MACDのダイバージェンス

MACDにはダイバージェンスという決済のサインがあります。。このダイバージェンスはトレンド終了のサインも言われており、右の図のようにロウソク足とMACDが逆の動きをする時の事を言います。ですので、もしもこの時にポジションを持って行った場合、即時決済する事をお勧めします。