FX勝率が上がる複数口座の薦め
RSIとは?
RSI

RSIとは、買われすぎ・売られすぎのシグナルから今後の値動きを予想する指標です。0~100の範囲で推移するRSIの数値が、30以下なら売られ過ぎのシグナルなので買い、70以上なら買われ過ぎのシグナルなので売りと判断します。また、このRSIは売買のシグナルが非常に分かり易い事からオシレーター系指標の中では1番人気のある指標です。

RSIの見方と売買タイミング

RSIは、一定期間の中でレートがどれ位上下しているのかを0%~100%までの中で計ります。一般的に、上部70%以上のゾーンに入ると買われすぎ、下部30%以下のゾーンに入ると売られすぎと判断されます。

RSIの見方と売買タイミング

以下、RSIの計算式となります。

RSI=(n日間の上昇した日の上昇幅合計)÷(n日間の上昇幅合計+n日間の下落幅合計)x100

一見、複雑な計算式で求められている為、売買の判断が難しそうですが、買われ過ぎゾーンに入れば売りのサイン、売られ過ぎのゾーンに入れば買いのサインとなる為、誰にでも一目で売買のサインが分かります。

RSIの設定期間
RSIの設定期間

RSIはある一定の期間の中での為替レートの元にして計算されています。右の図のように7日、14日、42日間で算出される事がほとんどです。この算出期間は長ければ長いほど緩やな線を形成します。ですので、だましを極力避けたい方は、RSIの期間を長めに設定し、積極的にトレードしたい方はRSIの設定期間を短めに設定する事をお勧めします。