FX勝率が上がる複数口座の薦め
ストキャスティクスとは?
ストキャスティクス

ストキャスティクスとは過去の値動きから今後の為替の動向を予想する指標です。基本的には為替の動向を過去価格に基づいた、%K線(短期線)、%D線(中期線)、slow%D線(長期線)の3本の線を使って売買サインを判別します。また、こちらの指標もRSIと同様、売られ過ぎ、買われ過ぎが0%から100%で表示され、売買のサインが非常に分かり易い特徴があります。

ストキャスティクスの見方と売買タイミング

ストキャスティクスは、RSIと同様、一定期間の中でレートがどれ位上下しているのかを0%~100%までの中で計ります。過去相場の値動きから算出された%K線、%D線、SLOW%D線を基準とし、この線が上部80%以上のゾーンに入ると買われすぎ、下部20%以下のゾーンに入ると売られすぎと判断されます。

ストキャスティクスの見方と売買タイミング

以下、ストキャスティクスの計算式となります。

%K=(A-C)÷(B-C)×100(%)
%D=(A-C)のm日間の合計÷(B-C)のm日間の合計×100(%)
SD=%Dのm'日間の移動平均

A:当日の終値
B:過去n日間の最高値
C:過去n日間の最安値

一見、複雑な計算式で求められている為、売買の判断が難しそうですが、基本的に買われ過ぎ、売られ過ぎのゾーンに入った時に%Kと%Dが交差する時点が売買サインなので一目で分かります。

ストキャスティクスのパラメータ
ストキャスティクスのパラメータ

ストキャスティクスのパラメータである%K線、%D線、SLOW%D線はそれぞれ一定の期間の中での為替レートの元にして算出されています。この算出期間の長さは、SLOW%D>%D>%Kとなっており算出期間が長ければ長いほど緩やな線を形成します。ですので偽の売買シグナルであるダマシを極力避けたい方は、SLOW%D線と%D線が重なった時に取引を、積極的にトレードしたい方は%D線と%K線が重なった時に取引する事をお勧めします。