FX勝率が上がる複数口座の薦め
移動平均線とは?
移動平均線

移動平均線とは、過去の為替レートの推移から今後のトレンドの動向を予想する指標です。一般的には、5日線、25日線、75日線を使用する事が多く、それぞれの終値の平均値をグラフ化した平均線を利用し予想します。また、この指標は現在の為替チャートと比べ平均線が上向きなら上昇トレンド、平均線が下向きならば下降トレンドと一目で判断できる為、最も分かり易いテクニカル指標の1つです。

移動平均線の見方と売買タイミング

ボリンジャーバンド は移動平均線を中心線として、移動平均線の上側には+σ、+2σ、+3σ、下側には-σ、-2σ、-3σの線がひかれて、表示されます。内側の補助線(+σ、-σ)に、はさまれた株価ゾーンへは約68%の確率で株価が収まり、外側の補助線(+2σ、-2σ)へは約95%の確率で株価が収まると言われています。つまり、外側の補助線の外に出る様な株価変動があった際は約5%という少ない確率でしか起こらない状態にあるため、+2σを超えた状態では売り、-2σを下回った状態では買いのシグナルであると言われています。

移動平均線の見方と売買タイミング

ゴールデンクロスとデットクロス
ゴールデンクロスとデットクロス

移動平均線には売買の最大のシグナルであるゴールデンクロスとデットクロスが存在します。

①ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは2本の移動平均線がどちらも上向きで、短期線が長期線を上抜く事をいいます。このゴールデンクロスは移動平均線最大の買いのサインであり、トレンドの転機に起こるのが特徴です。また、このゴールデンクロスは長期線が上向きであればあるだけ信用が高いとされています。

②デットクロス

デットクロスは2本の移動平均線がどちらも下向きで、短期線が長期線を下抜く事をいいます。このデットクロスは移動平均線最大の売りのサインであり、トレンドの転機に起こるのが特徴です。また、このデットクロスは長期線が下向きであればあるだけ信用が高いとされています。