FX勝率が上がる複数口座の薦め
ボリンジャーバンドとは?
ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、統計的な確率論より相場が反転するタイミングを予想する指標です。このボリンジャーバンドでは、移動平均線から外側に向かって±1σ(第1標準偏差)、±2σ(第2標準偏差)の線があり、その線の内側に為替レートが収まる確率から買いシグナル・売りシグナルを判別します。

ボリンジャーバンドの見方と売買タイミング

ボリンジャーバンドは、標準偏差と呼ばれるラインを元に相場が反転するタイミングを予想します。この標準偏差は移動平均線を中心に±1σ(第1標準偏差)、±2σ(第2標準偏差)の計5本のラインがあります。為替相場の値動きは第2標準偏差内で推移する確率高いとされており、このバンドの下限に近づいてくれば買いのサイン、その逆の上限に近づいて来れば売りのサインと言われています。

ボリンジャーバンドの見方と売買タイミング

為替相場が標準偏差内に収まる確率
為替相場が標準偏差内に収まる確率

ボリンジャーバンドの考え方では為替相場が±1σ(第1標準偏差)に収まる確立は68.3%、±2σ(第2標準偏差)に収まる確立は95.5%と言われております。この事から、±2σ線の下限と上限が売買のシグナルとされていますが、もしも残りの4.5%に当たった場合、どこまで為替レートが高騰(下落)するか予想できない為、ボリンジャーバンドを使いトレードする場合、あらかじめ利食いと損切のラインをしっかり決めておく事をお勧めします。