FX勝率が上がる複数口座の薦め
一目均衡表とは?
一目均衡表

一目均衡表とは、相場の状況を視覚で捉え今後の相場の動向を予想する指標です。過去の相場を基準とした5本のラインを使い今後の相場を予想をする為、一見すると複雑な指標ですが、一度覚えてしまえば名前の通り一目でトレンドの判定が出来る為、数多くの投資家に利用されている指標です。

一目均衡表の見方と売買タイミング

一目均衡表には基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行線の5つの指標を使用し、これらのラインを組み合わせて今後の相場の動向を判定します。

一目均衡表の見方と売買タイミング

以上が5つのラインですが、以下に詳しい説明とラインの位置関係から読み取れる売買サインについて説明します。

①基準線

基準線とは過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。文字通り基準となる線という位置づけにあります。上向けば上昇トレンド、下向けば下降トレンドを示すとされます。

②転換線

転換線とは過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。転換線が基準線を上に抜けると上昇トレンドが発生。下に抜けると下降トレンドが発生するとされます。

③遅行スパン

遅行スパンは、当日の終値を先行スパンとは逆に26日前にさかのぼり表示させたものです。遅行スパンが26日前の為替相場よりも高いか安いかといった見方をします。

④先行スパン1・先行スパン2

先行スパン1は、基準線と転換線を足して2で割ったもので、先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。一般的にこの2つの先行スパンに挟まれた領域を「雲」と呼び、多くの投資家はこの雲と為替レートの関係から今後の相場を予想しています。

雲を利用したトレンド予想
雲を利用したトレンド予想

一目均衡表のトレンド予想は多数ありますが、中でも一番使われているのが雲を用いたものです。雲を使ったトレンド判別は非常に分かり易く、ローソク足が雲より上部にあれば上昇トレンド、下部にあれば下落トレンドです。そして、ローソク足が雲の中にある場合はトレンド転換ポイントとなっています。ローソク足が雲を上に突き抜けると上昇のサイン。下に突き抜ければ下落のサインとなります。また、雲の厚さは相場の抵抗の強さを表すと言われており、厚ければ厚いほど相場の反転が難しいとされています。