FX勝率が上がる複数口座の薦め
FXのデメリット
FXのデメリットをチェックしよう

FXには多くのメリットがありますが反面デメリットもいくつか存在します。以下にデメリットをまとめてみましたのでチェックしていきましょう。

① 為替変動リスク
② 金利変動リスク
③ 流動性リスク
④ 電子取引に関するリスク
⑤ 信用リスク

このようにFXには5つのデメリットがあります。これだけではよく分からないといった方もいるかと思いますので、以下に一つずつ解説していきます。

① 為替変動リスク
急激なレート変動で思わぬ損害が出る可能性

FXは通貨を投資対象とする為、為替相場が予想と反した方向に進んでしまった場合、為替差損が発生してしまいます。また、高いレバレッジを掛けていた場合、少しの値動きで証拠金を強制決済(ロスカット)されてしまう恐れがある為、レバレッジをかけ取引をする際には十分注意が必要です。

② 金利変動リスク
スワップの受払が逆転する可能性

FXは2ヶ国間の金利差であるスワップ金利が毎日受け取れますが、金利の変動により受け払いの方向が逆転するリスクがあります。このスワップ金利は取引元となる通貨より金利が高い通貨を買っていた場合には受け取れますが、金利の安い通貨を買っていた場合には支払う必要があります。尚、このスワップ金利の受け払い金額は各国の景気や政策や情勢などにより日々変化する可能性がありますので日々注意が必要です。

③ 流動性リスク
特定の通貨の取引が困難意になる可能性

FXでは取引する通貨によっては決済する事や新規注文をする事が難しくなる場合があります。そもそもFXは投資家達の需要と供給で成り立っています。アメリカやイギリスなどの主要国通貨を取引する場合は高い流動性がありこのような問題は起こりずらいですが、流動性の低い通貨を取引した場合、主要国での祝日やニューヨーク・クローズ間際など、取引量が急激に低下する為、このような問題が起こる可能性があります

④ 電子取引に関するリスク
インターネット注文なので注文を誤る可能性がある

FXは主にインターネットを介して取引する商品ですの常に電子リスクが伴います。この電子リスクはFX会社のシステムエラーや通信機器等の故障などの問題で取引の停止や処理の遅延が起こるリスクです。しかし、最近ではFX会社のシステムが強固なものになっていますので、注文の誤りを起こさない限りこちらのリスクはほぼ心配する必要が無いといえるでしょう。

⑤ 信用リスク
取引会社が倒産してしまうリスクがある

FXは証券会社を介して行われる取引なので取引先の会社の経営悪化や倒産による信用リスクが伴います。取引をする会社が信用性のある企業なのか、経営状態が上手くいっているかなどの判断を投資家自らが行う必要があります。しかし、最近では完全信託保全が義務図けられ、万が一取引先のFX業者が倒産してしまった場合でも投資家が預けた資金は全額戻ってきますのでこちらのリスクに関してもほぼ心配する必要はありません。

FX初心者にお薦めのページ